後遺障害等級認定、異議申立て、自賠責保険請求手続きを通じて交通事故の被害に遭われた方をサポート|三重|行政書士・社会保険労務士にしむら労法務事務所

HOME » 後遺障害等級認定 » まぶたの欠損に関する障害

まぶたの欠損に関する障害

まぶたの欠損に関する障害

交通事故によって、まぶたの全部または一部が欠損した場合や、まつ毛がはげてしまった場合には、後遺障害として認定されることになります。

まぶたの欠損については、まぶたの欠損に関する障害だけでなく外貌醜状としても後遺障害が認定される場合があります。そのような場合には、外貌醜状よる後遺障害の等級と比較して、より上位の等級が認定されることになります。

まぶたの欠損に関する障害についての、後遺障害は次の表のとおり定められています。

9級4号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
11級3号 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
13級4号 両眼のまぶたの一部に欠損を残し、またはまつげはげを残すもの
14級1号 1眼のまぶたの一部に欠損を残し、またはまつげはげを残すもの

「まぶたに著しい欠損を残すもの」とは、
まぶたの欠損により角膜を完全に覆えない状態のことをいいます。

「まぶたの一部に欠損を残すもの」とは、
まぶたの一部により角膜を覆うことができるが、白目が露出してしまう状態をいいます。

「まつげはげ」とは、
まぶたの周囲に生えているまつ毛の1/2以上がはげてしまった状態をいいます。

お問い合わせはこちら

行政書士・社会保険労務士にしむら労法務事務所
代表 行政書士・社会保険労務士 西村 直樹
〒514-0816 三重県津市東丸之内13番18号
TEL:059-253-7166
FAX:059-253-7163
Eメール:info@jiko-kouishougai-mie.com
営業時間 平日9:00~19:00 土日祝日休み
(事前にご予約いただいた場合、土日祝日、夜間も対応したします)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab